運命の人なんていない理由

結婚・プロポーズ

突然ですが、皆さんは運命の人はいると思いますか?

結婚や恋人について考える時、誰しも一度は頭をよぎったことのある問いではないかと思います。

因みに筆者は妻と結婚して、運命の人はいないという結論に至りました。

そこで今回は、結婚の話と切っても切れない運命の相手の存在について、筆者の考えをまとめたいと思います。

結婚に向けた相手選びでお悩みの方のお力になれれば嬉しいです。

運命の人とは

まず最初に、運命の人とはどのような人か考えてみましょう。

よく聞くのは、出会った瞬間に初対面で「この人だ!」と思った相手や、趣味やバックグラウンドが似ていて価値観が同じ相手、思いもしない巡り合わせで出会って意気投合した相手などをイメージするパターンが多いですよね。

例えば、出会った瞬間にビビッときて、結婚してそのまま幸せな結婚生活を送る。といったあたりが一般的な運命の人のイメージかと思います。

最初から運命の人なんていない

実際に結婚して思うことは、運命の人はいないということです。

ただ、この言い方は少し正確ではありません。

正しくは「最初から運命の人はいない」ということです。

というのも、運命の人は最初から存在するものではなく、時間をかけてなるものだからです。

最初に出会った瞬間にピンときて、結婚したもののうまくいかないパターンや、出会った時はいまいちでも、付き合って結婚して共に過ごす中で愛を育みうまくいくパターンもあります。

場合によっては交際0日婚という言葉もありますし、結婚は付き合った末のゴールではなく、いわば2人で歩む人生のスタートです。

そのため、2人の人生を長期間にわたっていかに良好なものにできるか、という視点こそが結婚において大切となります。

2人で過ごす時間をどれだけ大切にできるかが2人の関係性を左右するとも言えます。

そのため、最適な相手と結婚することが目標ではなく、結婚した相手と良好な関係で生活をしていく意識を持つことが大切です。

大抵のお姫様ストーリーは王子様と結ばれてハッピーエンドになりますが、実際の結婚においては、その後こそが重要です。

過ごした時間が関係を作る

タイトルの話に戻りますが、幸せな結婚生活を送るためには、運命の人になるという考え方が大切です。

結婚して共に過ごす時間が増える分、その時間の過ごし方こそが2人の関係性を作ります。

出会った頃に最高のパートナーだと感じた相手との関係を悪くしてしまうのも、一つ一つの思い出を積み重ねて最高の人生の伴侶となるのも、共に過ごす時間の長さと内容次第です。

時間は有限

とはいえ人生の時間は限られていますし、社会人として仕事をしていれば尚更ですよね。

そのため、長い時間を共に過ごす事も大切ですが、思い出に残るような濃い時間と出来事を共に過ごしたり、2人が幸せになれる時間の使い方を意識することも重要です。

筆者も、プレゼントの中身だけでなく渡し方にこだわってみたり、時間のかかる家事を楽にする家電を購入したり、思い出を振り返るアルバムを作ったりと、妻と過ごす時間を増やし、最大限楽しんで思い出に残る時間となるよう色々と試行錯誤してきました。

プレゼントに関する考え方やオススメは以下のエントリでご紹介していますので、ご一読下さい。

運命の人になる

限られた時間の中で相手と過ごす瞬間と思い出を積み重ね、絆を深めていくことで、お互いの大切なものや価値観を共有して日々を過ごすことが結婚です。

そうして時間を積み重ねた先で、振り返ってみると互いに相性が最高で大切な人になっている気づく瞬間があり、それが運命の人と出会うということだと思います。

とはいえ、結婚を意識する中で、相手選びに悩む気持ちはとてもよく分かります。

だからこそ、運命の人かな?と結婚に思い悩んだら、現状だけを意識するのではなく、この先の将来を見据えた上で、これから運命の人になっていくという意識で一度立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか?

筆者が妻と結婚を決意したポイントについては以下にまとめていますので、良ければご一読下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました