必見!婚約指輪・結婚指輪の選び方

結婚・プロポーズ

指輪選びって正直大変ですよね。

結婚した後の生活や、可愛い指輪を想像してワクワクする反面、一生に一度であるからこそ選ぶのに悩むその気持ち、とてもよく分かります。

価格的にも意味合い的にも大きな買い物であるからこそ、パートナーと相談しながら最適な指輪を見つけたいところです。

そこで、ここでは結婚指輪・婚約指輪を選ぶ際に検討すべき内容をまとめて解説します。

価格

先ずは何より価格ですよね。

一生物なので、奮発して購入したい気持ちもわかりますが、十万円〜数十万円、場合によっては百万円を超えることもありますから、パートナーとも相談して購入するかどうか、どんな指輪を買うか決めていきましょう。

ちなみに私が購入したブランドの担当者さん曰く「給料3ヶ月分の指輪」というのはバブル期の売り文句であるものの、漠然と婚約指輪の基準としてそのくらいの金額をイメージされる方が未だに多いそうです。

実際は指輪の素材やデザイン、使用している石の種類や大きさ、ブランドによって大きく値段は変わるため、事前に下調べをして重視したい基準を決めつつ、まずは下見でもいいので実際に見に行くことをおすすめします。

結婚指輪の相場

お手頃なものでは3万円台から、TiffanyやVancleef&Arpelsなど有名ブランドのもので8万円後半くらいから購入できます。

プラチナ素材でダイヤが付いているタイプだと大体〜20万円くらいが相場になります。(中にはもっと高いものもありますが。。。)

有名ブランドのものでもそこまで高くなりすぎることはないので、色々な種類やブランドを見て比較し、買った後に後悔しないよう、気になるブランドやショップがある場合にはしっかり見ておくことをオススメします。

婚約指輪の相場

婚約指輪は結婚指輪と異なり、指輪によって大きく値段が変わります。

ダイヤの婚約指輪の場合、0.1ctで10万円というのが1つの相場になります。(※指輪の台座は別)

例えば、0.3ctダイヤとプラチナの台座でトータル35万〜50万円程が1つの目安になります。

また、有名ブランドのものであれば0.3ctで70万円〜と1.5倍〜2倍程度の金額になります。

そして、高いものでは100万円も超える指輪も多くあるため、予算や後述する要素を元に、重視するポイントを決めて探すことが大切です。

ある程度の相場が分かったところで、指輪を選ぶ際に必要な各要素について見ていきましょう。

デザイン

指輪には本当に様々なデザインがあります。

ブランド毎に異なる特徴的なデザインがある一方で、似たものも沢山あります。

そのため、1つのブランドや店舗で決めるのではなく、複数の店舗やブランドで検討する、もしくは様々なブランドの指輪を展開する店舗で探してみるなど、比較してから決めることをオススメします。

また、希望のデザインや他とは違うものにしたい場合、オーダーで指輪を作ってくれるショップもありますので、希望通りの指輪や世界に一つだけの指輪が欲しい場合などはオーダーするという選択肢もあります。

下は私が某ブランドにて婚約指輪を探した時の写真です。

全て異なるデザインで数百種類あり、逆に決めるのに迷ってしまった思い出があります。

指輪の購入を検討する場合は、先ず色々な指輪を見ながら好きなデザインを探し、付け心地なども考慮しながら絞り込んでいくといいと思います。

ブランド

先で書いたように、有名ブランドの指輪(特に婚約指輪)は一般的なものよりやはりお高めです。

しかし、その分ダイヤのクオリティが高く、純度の高い素材を使っており仕上げが綺麗など、メリットも多くあります。

ブランドで選ぶかどうかを検討する際には、似たデザインの指輪は他でも手に入るかもしれないが、そのブランドで買った思い出はそこでしか手に入らないということを考慮し、もし気になるものがあればじっくり検討してみて下さい。

素材・品質

指輪の素材も金・ホワイトゴールド・プラチナなど色々あります。

金額も高くなりますが、一般的にプラチナが最も変色しにくくお手入れも楽なため、長年使う結婚指輪や婚約指輪はPt950など純度の高いプラチナが用いられることが多いです。

指輪の次はルース(宝石)ですが、婚約指輪で定番のダイヤには、大きさを含めて4Cという世界的な基準があります。

  • Carat(カラット=重さ)
  • Cut(カット=輝き)
  • Color(カラー=色)
  • Clarity(クラリティ=透明度)

カラット数が大きく無色透明(不純物が少ない)であり、カットが整っていて輝きが増すほど値段も上がりますので、ダイヤ付きの指輪を選ぶ際には、大きさを重視するのか、透明度を重視するのか、色を重視するのか、など自分なりの優先順位を決めておくと選びやすくなります。

私は妻と婚約指輪を購入した際に、不純物(インクルージョン)は肉眼ではほぼ違いがわからないため、無色透明に近いかどうかという色とダイヤの大きさを重視しました。

また、多少不純物(インクルージョン)が混ざっていても、それが天然石の証であるため、気に入っていたりもします。

メンテナンスできるか

これから先人生を共にする指輪として、将来に渡ってメンテナンスができる点もとても重要です。

全国に店舗があるお店であれば、引っ越しをしても最寄りの店舗に持ち込むことができますし、歴史のあるブランドではアフターメンテナンスが充実しているケースも多いです。

永く愛用するものだからこそ、綺麗な状態で保てるようメンテナンスにも注目して選んでみて下さい。

最後に

一生物の指輪を選ぶなら、指輪そのもののも大切ですが、選び方や渡し方も大切にすべきです。

そのため、指輪に関してぜひとも大切にしていただきたい点を最後にお伝えします。

必ず相手と一緒に選ぶ

筆者の意見としては、サプライズで渡すのもロマンチックですが、婚約指輪や結婚指輪はパートナーと一緒に選ぶことをオススメしています。

一緒に二人の指輪を探すのはとても楽しいですし、そして何より思い出に残ります。

皆さんも夫婦になる前の共同作業として、ぜひ二人で指輪を検討してみてはいかがでしょうか?

とは言っても折角のプロポーズ、サプライズ感が欲しいという方には、以下の内容もぜひ参考にしてみて下さい。

おすすめショップ

これから指輪を探す皆様に、指輪を探す第一歩としておすすめのショップをご紹介します。

ネット・店舗で指輪をじっくり選びたいなら

デザインが多いため、指輪選びに迷うという方は、オンラインサイトでシュミレーションができるBRILLIANCE+がオススメです。

サイトでデザインをチェックし、来店して実物を見ることもできますので、指輪探しの第一歩として理想の指輪のイメージを探すのにピッタリです。

300万通りから選べる婚約指輪

二人だけのオリジナル指輪が欲しいなら

オリジナルの指輪が欲しい場合には、オーダーメイドが最適です。

特に下のケイウノブライダルでは、コンシェルジュの丁寧なカウンセリングに加え、デザイナーが無料でデザイン画を描いて下さるため、自分好みの理想の指輪を作ることができます。

婚約指輪・結婚指輪・オーダーメイドのケイウノブライダル
『シンプルに。ふたりらしく。』
大切な絆を指輪にこめる。想いを叶えるオーダーメイド

最後に、渡し方にも拘りたい方は、以下に筆者が今まで意識してきたプレゼントや渡し方のコツについてまとめていますので、良ければご一読下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました